ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年05月20日 14時55分 公開

香川県高松市、10万円給付金のオンライン申請を中止 手作業による確認に限界

香川県高松市が、特別定額給付金のオンライン申請の受付を中止すると発表した。手作業での審査や事務処理に時間がかかりすぎるためで、以降は郵送での申請のみを受け付ける。

[谷井将人,ITmedia]

 香川県高松市は5月19日、政府が国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」のオンライン申請の受け付けを24日で中止すると発表した。申請内容の確認が職員による手作業であることから、審査や事務処理に時間がかかるのが要因としている。25日以降は郵送のみ申請を受け付ける。

photo

 高松市では申請情報と給付対象者リストを手作業で照らし合わせ、申請の重複などをチェックしている。電子申請ができる内閣府のWebサイト「マイナポータル」を使ったオンライン申請は誤入力や内容の不備が多く、照合に時間がかかるという。

photo オンライン申請の様子

 郵便での給付金申請が始まると、重複のチェックにかかる時間がさらに長くなるとして、オンライン申請の中止を決めた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.