ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年05月25日 10時02分 公開

この頃、セキュリティ界隈で:「5Gが新型コロナ拡散」陰謀論 5G基地局の襲撃が世界に飛び火し、デマ投稿が止まらない理由 (1/2)

虚偽投稿、フェイク画像など、5GとCOVID-19を結びつける陰謀論を信じている人がいまだにいるのはなぜか。

[鈴木聖子,ITmedia]

 「5Gの電波が新型コロナウイルスを拡散させている」――。根拠なくそう主張する陰謀説が出回って、基地局が襲撃される事件が世界各国で後を絶たない。業界や保健当局はデマの打ち消しに躍起だが、陰謀説を信じる人は一定数存在している様子で、米国土安全保障省なども警戒を呼び掛けた。

 5Gの健康への影響を懸念する声は以前からあり、各国で反対運動も起きていた。そこへ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が出現したことで不安に火が付き、便乗する形で陰謀説が広まったらしい。報道によると、英国やオランダなどでは4月ごろにかけ、基地局が放火される被害が多発。5Gとは無関係な施設が狙われたり、電話会社の従業員が脅迫されたりする事件も起きた。

 米紙Washington Postによれば、事態を受けて米国土安全保障省も通信会社や捜査当局に対し、基地局の襲撃を防ぐために監視などの対策強化を促す方針。米国でもこの数週間に、陰謀説が原因と思われる散発的な襲撃が発生しているという。

 陰謀説を唱える投稿や動画は消されても消されても、SNSやYouTubeで次々に浮上する。ABCニュースによると、4月には5G基地局の襲撃を扇動する投稿がFacebookで出回り、破壊方法を紹介する動画まで掲載された

 米国土安全保障省のサイバーセキュリティ機関CISAは、新型コロナウイルス関連のデマに関する注意情報の中で、「5G技術が免疫システムを抑制し、5Gの電波がウイルスを拡散させるという誤った虚報キャンペーンが展開されている」として注意を促している(PDFへのリンク)。

photo 米国土安全保障省CISAもCOVID-19デマを警告

 世界保健機関(WHO)も5G陰謀説に言及し、「ウイルスが電波や携帯電話ネットワークに乗って移動することはできない。COVID-19は5Gモバイルネットワークがない多くの国でも拡散している」と強調した

photo WHOによる警告
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.