ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年05月26日 07時00分 公開

在宅時間を楽しむスマートスピーカー活用術 遠方の家族とビデオ通話、祖父母の見守りも (1/2)

外出自粛が続く中で、離れて暮らす家族と会うことがなかなか難しくなっている。スマートスピーカーはそんな遠方にいる家族とのコミュニケーションだけでなく、日常生活のさまざまな場面に役立つ。

[太田百合子,ITmedia]

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、離れて暮らす家族や親戚と会うことが難しい状況になっている。緊急事態宣言解除といっても、以前のように気兼ねなくわいわい集まれるようになるには、もう少し時間がかかるだろう。相手がスマートフォンやPCを持っていれば、ビデオ通話アプリなどで互いの顔を見ながら話すのもそう難しくはない。しかし、例えば筆者の祖母がそうであるが、携帯電話さえ持っていない相手と話したい場合はどうすればいいのだろうか。そんなときは、スマートスピーカーを利用する方法がある。

スマートスピーカーで家族とつながる

 カメラとディスプレイ付きのスマートスピーカーでは、音声操作でビデオ通話が可能だ。その多くは手持ちのスマートフォンと連携して通話する仕組みだが、米Amazon.comの「Echo Show」シリーズでは、事前に自分のスマートフォンを使ってセットアップしたものを相手に送ることで、スマートフォンを持っていない相手ともビデオ通話できる。Echo Showシリーズではさらに「呼びかけ」という機能があり、相手のデバイスに呼びかける際、相手が受話の操作をしなくても自動的につながって様子を伺える「見守り」が可能だ。もちろん、プライバシーへの配慮は必要だが、高齢の祖父母や両親との間にあるとうれしいライフラインだ。

相手の「Echo」デバイスに呼びかけると、相手が応答操作をしなくても自動的に接続する。デバイス内のカメラから相手の様子を伺える

 スマートスピーカーはビデオ通話以外にも、家族のコミュニケーションに役立つ。例えば「Clova Desk」など、LINEのスマートスピーカー「Clova」シリーズでは、スマートフォンと連携させることで、LINEメッセージの送受信が可能。これを使えばまだ文字の読み書きがうまくできない子供も、スマホのタッチ操作に不慣れな高齢者も、音声操作だけで家族とLINEができる。

音声操作だけでLINEの送受信が可能。あらかじめスマホから登録した相手に簡単にメッセージを送信できる

 スマートスピーカーには、伝言メモを録音できる機能もある。その多くは「買い物リスト」など、自分用の備忘録としてメモを音声で残せるというものだが、こうしたリマインダー機能を活用したり、スマートフォンのアプリにあたる「スキル」を活用したりすることで、家族にも伝言メモを残せる。

買い物リスト(ショッピングリスト)は他の人と共有することも可能。家族に買い物を頼むのにも便利だ

 買い物リストは、ぜひ活用したい非常に便利な機能の一つ。新型コロナの感染を抑えるため、今は買い物の回数をなるべく抑える必要がある。「あ、あれがない!」と気づいたときに「買い物リストに○○を追加して」と音声でメモしておくと、外出中でもスマホでチェックできるので、何度も買い物に行く手間を省ける。スマホではアプリからテキストのリストを見られるので、わざわざ音声を聞き直す必要はない。リストにはチェックボックスも用意されていて、買い物が済んだらチェックして完了できる。買い物リスト機能は、AmazonのEchoシリーズと米Googleのスマートスピーカーで利用可能だ。

 家の中に複数のスマートスピーカーがある場合に便利なのが、Amazonでは「アナウンス機能」、Googleでは「ブロードキャスト」と呼ばれる機能。スマホまたは1つのスマートスピーカーから、複数のスマートスピーカーに一斉に呼びかけができる機能で、「そろそろ起きて」「ごはんできたよ」などの音声メッセージを一斉送信できる。キッチンで朝ご飯の支度をしながら、寝室や子供部屋の家族を起こしたい時にも、大声を張り上げずに済む。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.