ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年05月28日 07時32分 公開

EOSをWebカメラにするソフト、Macに対応 「Macで高画質会議」選択肢増える

Macユーザーにとって、一眼、ミラーレスをWebカメラとして使う選択肢はこれまでSIGMA fp一択だった。それが変わる。

[松尾公也,ITmedia]

 米キヤノンは同社のカメラをWebカメラとして使えるようにするソフト「EOS Webcam Utility Beta」のMac版をβ公開した。同社EOSの一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラのPowerShotに対応する。日本ではEOS Kissに相当するEOS Rebelもサポートされる。対応するmacOSはHi SierraからCatalinaまで。

photo Webカメラとして認識される
photo EOS Webcam Utility Beta
photo 対応機種

 一眼やミラーレス、コンデジとPCをUSBケーブルで接続してWebカメラにするアプリはキヤノンが最初に投入し富士フイルムが続いた。ソニーのVlogger向けコンデジ「ZV-1」もWebカム対応を7月頃に予定しているが、いずれもWindows 10搭載のPCのみが対象だった。Macで高画質の映像をWebカムとして使うには、UVC(Universal Video Class)に対応し、ソフトなしで利用できるSIGMA fpしか選択肢がない状況だった。

 ただし、まだβ版ということもあり、macOS MojaveとCatalinaで使う場合にはFaceTime、Skype、Zoom、WebExといった主要なビデオ会議アプリとの互換性がなく、Skype、Zoom、WebExはGoogle Chrome上で利用する必要がある。Safariとの互換性はない。

photo 互換性には課題も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.