ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年06月05日 10時19分 公開

AWSとSlack、戦略的提携を発表 SlackはAmazon Chimeを採用し、AWSは全社でSlackを採用

Amazon.com傘下のAWSとSlack Technologiesが戦略的提携を発表した。Slackは通話機能で「Amazon Chime」を採用し、AWSは社内コラボレーションツールとしてSlackを採用する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon傘下のAWSと米Slack Technologiesは6月4日(現地時間)、複数年にわたる戦略的提携を結んだと発表した。

 slack

 クラウドサービスでMicrosoftの「Azure」と競合するAWSと、コラボレーションツールでMicrosoftの「Teams」と競合するSlackが手を組んだ形だ。

 主な提携内容は以下のとおり。

  • Slackの通話用「Slackコール」機能をすべて「Amazon Chime」に移行する
  • Slackに「AWS Chatbot」および「Amazon AppFlow」を統合する
  • Slackは「AWS Key Management Service」で「Slack Enterprise Key Management」を強化する
  • Slackは今後もAWSを主要クラウドプロバイダーとして利用する
  • AWSはチームコミュニケーションツールとしてSlackを採用する

 Slackのスチュワート・バターフィールドCEOは「企業向けソフトウェアの未来は、(AWSのような)クラウドサービスと(Slackのような)コラボレーションツールの組み合わせによってもたらされる。AWSと戦略的提携を結ぶことで、両社の顧客に高品質のサービスを提供できる」と語った。

 米CNBCは3月、SlackがMicrosoft TeamsとSlackとの通話機能の接続を検討していると報じたが、その後具体的な進展は発表されていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.