ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年06月05日 14時27分 公開

プライベートメッセージングアプリ「Signal」に自動顔マスク機能追加

エンドツーエンド暗号化のプライベートメッセージングアプリ「Signal」に、撮影した写真内の顔に自動でマスクをかぶせる機能が付いた。顔検出プロセスは端末側で行う。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Signal Messengerは6月3日(現地時間)、エンドツーエンド暗号化(ee2e)メッセージングアプリ「Signal」の新機能として、アプリで撮影した写真内の顔に自動でぼかし(グレイの四角)をかぶせるボタンを追加した。

 白人警官による黒人男性暴行死に抗議するデモが広がる中、群衆の写真などから個人が特定されないようにするのが目的だ。「われわれは、街頭で声を上げる人々を支援する」という。

 signal

 アプリで写真を撮影すると表示されるツールバーに、新たに「blur」ボタンが追加された。

 mask 2
 mask 3 手動でマスクを追加

 これをタップすると画面下部に「Blur faces」というトグルボタンが表示されるので、これをオンにすると、顔として検出された部分にグレイの四角がかぶせられる。「システムのライブラリは完全ではない。顔を100%検出できるわけではない」ので、手動でもマスクを追加できるようになっている。手動では顔以外にもマスクを追加できる。

 なお、プライバシー保護のため、この顔検出操作はクラウドなどは使わずに、すべてデバイス内で完結する。

 Signalは、暗号化プロトコル「Signal Protocol」を開発した非営利オープンソフトウェア組織Open Whisper Systemsによるアプリ。現在は、同組織を立ち上げたモクシー・マーリンスパイク氏とWhatsAppの共同創業者、ブライアン・アクトン氏が2018年に立ち上げた非営利団体Signal Messengerが提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.