ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年06月10日 18時29分 公開

note、クラウドファンディングのプロジェクト紹介を簡単に 概要や進捗をカードで表示

コンテンツ配信サービス「note」が、クラウドファンディングのプロジェクト内容をカードとして表示する機能を実装した。URLを埋め込めば、支援者数や残り日数などが一目で確認できる。「CAMPFIRE」「Makuake」「READYFOR」の3サービスに対応する。

[ITmedia]

 note(旧社名ピースオブケイク)は6月10日、コンテンツ配信サービス「note」に「プロジェクト紹介カード」機能を実装した。記事内にクラウドファンディングのプロジェクトURLを埋め込むと、支援者数や進捗状況などを一目で確認できるカードとして表示する。「CAMPFIRE」「Makuake」「READYFOR」の3サービスに対応する。

photo プロジェクト紹介カードの表示イメージ

 表示する内容はプロジェクトのタイトル、それまでに集まった支援の総額、支援者数、残り日数、進捗率など。「支援する」「応援購入する」などのボタンから、興味を持った読者をそのままプロジェクトページへ誘導することもできる。CAMPFIREの下位サービスである「BOOSTER」「GoodMorning」「FAAVO」のURLにも対応する。

 noteは「後日談の報告や支援者へのお礼、商品の使い方解説などを記事にすれば、ファンとの継続的な関係を構築しつつ、新しいファンにもプロジェクトをアピールできる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.