ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年06月11日 07時54分 公開

IBMのクラウドサービス長時間ダウン、原因は「外部ネットワークプロバイダーの誤ルーティング」

IBMは、同社のクラウドサービスが広範囲で長時間ダウンした問題の原因を、「外部ネットワークプロバイダーが誤ったルーティングでIBM Cloudネットワークをあふれさせ、トラフィックの深刻な輻輳を引き起こした」と説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米IBMは6月10日(現地時間)、長時間にわたって多リージョンで各種クラウドサービスがダウンした原因を、「外部ネットワークプロバイダーが誤ったルーティングでIBM Cloudネットワークをあふれさせ、トラフィックの深刻な輻輳を引き起こした」ことにあると説明した。

 ibm

 この問題は、日本時間の10日午前7時ごろにWatson AIで始まり、11日の午前0時ごろまで続いた。


 IBMは、再発防止のための緩和策を講じたとしている。原因分析の結果、データ損失や(サイバー攻撃のような)セキュリティの問題は特定されなかったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.