ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年06月15日 13時14分 公開

都庁に「東京テックチーム」 宮坂副知事直下で「withコロナ時代、ITで新しい日常を」

「東京テックチームを作ることになりました」と、東京都副知事で元ヤフー社長の宮坂学さん。複数部局で共通利用できるサービスや緊急に必要なサービスの開発などを手掛ける組織で、職員は本業と兼務する形でスタートする。

[ITmedia]

 「東京テックチームを作ることになりました」――東京都副知事で元ヤフー社長の宮坂学さんが6月12日、Twitterでこう打ち明けた。

 都庁の複数部局で共通利用できるサービスや緊急に必要なサービスの開発などを手掛ける組織で、職員は本業と兼務する形でスタートする。宮坂副知事は「本庁の人も現場の人にも、もっと良い道具を届けたい」としている。

画像

 都の「政策企画局」「総務局」「戦略政策情報推進本部」の3局を軸に、主業務を抱えたメンバーが兼務する形でスタートする。組織としては小さく、エンジニアも「とても少ない」状態、業務は「委託型」になるという。「民間の開発コミュニティーとも良い関係を作りたい」としている。

 「withコロナ時代の都民生活に貢献するために、情報技術を取り入れ新しい東京の日常を創造する」をテーマに発足。 従来、都庁のシステムは部局ごとに作っており「横串はなかった」が、重複開発を防ぐためにも、今後は「縦で作るものは縦で、横でやるべきは横で、にしていけたら」と考えているという。

 新型コロナウイルス感染症拡大を受け、東京都は3月4日に特設サイトを公開し、ソースコードをGitHubで公開した。このプロジェクトも宮坂副知事が主導している

【更新:2020年6月15日午後2時半 記事内の記載を一部守勢しました。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.