ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年06月15日 20時56分 公開

ポケモンGO、32bit版Android端末のサポートを8月に終了 自分の端末を調べる方法は?

ポケモンGOを運営する米Nianticが、2020年8月上旬で32bit版Android端末のサポートを終了すると発表しました。これには「Xperia Z2/Z3」や「Galaxy S4/S5」などが含まれます。

[本田亜友子,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「ポケモンGO」を運営する米Nianticは、2020年8月上旬に32bit版Android端末のサポートを終了すると発表しました。ソニーの「Xperia Z2/Z3」やサムスンの「Galaxy S4/S5」「Galaxy Note 3/J3」、モトローラ「Moto G」(第1世代)などではポケモンGOのアカウントにアクセスできなくなります。

「Galaxy S4」 は2013年発売
32bit版Android端末の例

 Androidは、2014年公開の「Android 5.0」(Lollipop)から64bit CPUをサポートしていますが、その後1〜2年の間に発売されたスマートフォンは32bit版と64bit版が混在していました。自分の端末がどちらか分からない場合、NTTドコモの「端末仕様確認ツール」アプリなどを使えばCPUの種類が分かります。キャリアを問わず使用できます。

NTTドコモの「端末仕様確認ツール」で見ると、64bit対応CPUは“64”の表記

 Androidを開発している米Googleは、21年7月末で「Google Play」での64bit非対応アプリ(ネイティブコードを含むもの)の配布を停止する計画。64bit環境への移行を進めているので、Nianticの決定もそれに沿ったものといえます。なお、ポケモンGOはiOS版でも18年に32bit端末のサポートを終了し、「iPhone 5」以前のモデルではプレイできなくなっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.