ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年06月16日 14時48分 公開

Apple、国内のApp Storeデベロッパーを紹介

Apple、App Storeの経済圏の売上高が2019年で5190億ドルの貢献をしたと発表(国内デベロッパーも紹介)。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleは6月15日、App Storeの経済圏の売上高が2019年で5190億ドルの貢献をしたと発表した

 Analysis Groupの独立系エコノミストにより実施された新しい研究「How Large Is the Apple App Store Ecosystem? A Global Perspective for 2019」(PDFへのリンク)によれば、最も価値の高いカテゴリーは、モバイルコマースアプリケーション、デジタルグッズサービス関連アプリケーション、App内広告だったという。

photo Apple_App-Store-infographic

 App Store経済圏を通じて2019年に生み出された5190億ドルのうち、商品やサービスの売上のシェアが最大で、4130億ドルに上ったことが分かっていて、小売アプリケーションには、MUJI passport、UNIQLOアプリのような実店舗のデジタルバージョンのほか、ZOZOTOWN ファッション通販のように商品をオンライン販売するウェブサイトが含まれるそうだ。

photo

 小売り以外のモバイルコマースアプリケーションでは、エクスペディア旅行予約やANAのような旅行アプリケーションで、売上は570億ドル、JapanTaxiやS.RIDEのような乗車送迎アプリケーションの売上は400億ドル、出前館やmenuのようなフードデリバリーアプリケーションの売上は310億ドルに上るという。

 最もダウンロードされたアプリケーションの種別はゲームで、2019年に最もダウンロードされた回数が多いゲームは「マリオカート ツアー」とされている。

photo

 ゲーム以外でApp内広告の売上が著しかったアプリケーションはTwitterやPinterestなど無料でダウンロードして利用できるタイプで、無料でダウンロードして利用できる一方で、コンテンツの利用にApp内購入オプションを提供している日本経済新聞 電子版のようなアプリケーションもあると紹介している。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.