ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年06月17日 18時46分 公開

GmailアプリだけでスマートフォンでのGoogle Meet利用が可能に

GoogleのWeb会議ツール「Google Meet」をスマートフォンから参加するにはこれまで専用アプリのインストールが必要だったが、Gmailアプリだけで参加および会議開催ができるようになる。Gmailで招待状をもらえば、Gmailを離れずに1タップで会議に参加できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月16日(現地時間)、AndroidおよびiOS版Gmailアプリに同社のWeb会議アプリ「Google Meet」の機能を追加すると発表した。これにより、端末に単体のGoogle Meetアプリをインストールしなくても、GmailからWeb会議の開始や参加が可能になる。

 この機能は向こう数週間中に追加される見込みだ。

 Google Meetは、米Zoom Video Communicationsの「Zoom」や米Microsoftの「Microsoft Teams」と競合するWeb会議サービス。元々は企業向け有料サービスのみだったが、5月に無料版の提供が始まった。

 無料版の場合、デスクトップではアプリのインストールは必要なく、Webブラウザで会議に参加できるが、モバイルではアプリのインストールが必要だった。

 GmailにGoogle Meetの機能が追加されると、Gmailの画面下部に「Mail」と「Meet」の2つのタブが表示されるようになる(下画像左端)。ここでMeetをタップすると新規会議作成や招待されている会議への参加などができる。参加予定の会議の予定も一覧できる。

 meet 1 Gmailからの新規会議開催手順

 GmailでMeetへの招待が来たら、招待状のリンクをタップするだけでGmailを離れずに会議に参加できる。

 meet 2 Gmailで受け取った招待状からの会議参加

 GmailはほとんどのAndroid端末にプリインストールされているため、会議に招待する相手に新たなアプリをインストールしてもらう必要がなくなり、かなり敷居が低くなりそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.