ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年06月19日 15時26分 公開

ビッグデータ+Twitterでお店の混雑を把握、「おでかけ混雑マップ」公開 NTTデータとunerry

NTTデータは6月18日、ベンチャー企業のunerryと協業し、スーパーやドラッグストアといったお店周辺の混雑傾向を調べられるAndroidアプリ「おでかけ混雑マップ」を公開した。

[ITmedia]

 NTTデータは6月18日、ベンチャー企業のunerryと協業し、全国約2万8000件のスーパーやドラッグストアといったお店周辺の混雑傾向を調べられるAndroidアプリ「おでかけ混雑マップ」を無償公開した(iOS版は近日公開)。

 unerryとNTTデータのサービスを組み合わせ、ビッグデータとTwitterのつぶやきから店舗の混雑状況を確認できるのが特徴だ。

 NTTデータは同日、「新たな移動体験」の提供に向け、4月にunerryに出資していたことも発表した。出資額は非公開。

画像

 おでかけ混雑マップは、GPSを元に、お店近辺約100メートルの混雑状況をAIで解析し、「通常より混雑」「通常」「いつもより空いている」の3段階で表示する。店舗を選ぶと、過去1週間の曜日別・時間帯別の混雑傾向も把握できる。また、店舗の営業時間が分かる機能や、店舗に関する最新のつぶやきを確認する機能もある。

 unerryがビッグデータ分析を生かして提供している「お買物混雑マップ powered by Beacon Bank」と、NTTデータのTwitterデータ活用サービス「なずき」を組み合わせて開発した。

 今後、対象店舗を拡大する他、Twitterデータ分析から得られるお出かけに役立つ情報を提供したり、混雑予測機能などを追加すると言ったアップデートを行う計画だ。

 また両社は、人流ビッグデータに基づくお出かけ先のレコメンドや、目的地情報の事前提供、予約・購入などができる「モビリティ・コマースサービス」を2020年度内に提供する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.