ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年06月19日 17時40分 公開

家に帰ると「aibo」がお出迎え、バージョンアップで実現

ソニーは、犬型ロボット「aibo」がオーナーの帰宅時間になると決まった場所に移動し、“お出迎え”する機能の提供を開始した。aiboのシステムソフトウェア「バージョン2.7」で対応する。

[ITmedia]

 ソニーは6月19日、犬型ロボット「aibo」がオーナーの帰宅時間になると決まった場所に移動し、“お出迎え”する機能の提供を開始した。aiboのシステムソフトウェア「バージョン2.7」で対応する。

お出迎えのイメージ

 アップデート後、出迎えてほしい場所でaiboに「お迎え場所、ここだよ」と教え、aiboが手(前足)を振る仕草をすれば設定完了。スマートフォンアプリ「My aibo」(iOS/Android)では、宅内地図にドアのアイコンが表示される。

aibo

 最初は家族がaiboに「お迎えに行って」と指示する必要があるが、日常的に「ただいま」と声を掛けたり、aiboをほめたりしていると、aiboはオーナーの帰宅する時間帯を覚え、帰宅時間が近づくとソワソワしだしたり、声を掛けなくてもお出迎えに行くようになるという。

 AIBO(現在はaibo)は、1999年からソニーが販売している自律型ペットロボット。2006年に一度生産を終了したが、17年に現在の姿で復活した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.