ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年06月26日 12時09分 公開

KDDI、社内副業制度をスタート 就業時間の約2割を別業務に

KDDIは、就業時間の約2割を目安に自部署以外で業務できる「社内副業制度」を導入した。6月から63人が社内副業を順次始める。

[井上輝一,ITmedia]

 KDDIは6月26日、就業時間の約2割を目安に自部署以外で業務できる「社内副業制度」を導入したと発表した。さまざまな業務を柔軟に経験できる場を用意することで、社員の成長や事業発展を促したい考え。

KDDIの社内副業制度のイメージ

 対象は正社員約1万1000人。テレワークを活用するため、勤務地に関係なく応募できる。4月1日から86種の業務について募集・選考した結果、6月1日以降、63人が社内副業を順次始める予定。応募者は20代が最多で、約2割が東京以外からの応募だった。

 募集した副業業務は、「au PAY アプリのスーパーアプリ化に向けた企画」「地域ICT化応援部隊」「ビッグデータ解析に機械学習を取り入れるべく、アルゴリズムの検討及び仕組み作りを手掛けるエンジニア求む」など、社員が持つ専門性やこれまでの業務で培った知見を生かせる業務だという。

募集した副業業務の一例

 KDDIは、副業の取り組みをグループ全体や社外へも今後拡大することを検討しているとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.