ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年07月07日 18時00分 公開

漫画アプリ「マンガボックス」運営元、DeNAとTBSの合弁会社に クロスメディア展開を強化

DeNAは、同社子会社のマンガボックスの株式の49%をTBSに譲渡し、マンガボックスを合弁会社化した。

[谷井将人,ITmedia]

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は7月7日、同社子会社のマンガボックス(東京都渋谷区)の株式の49%を東京放送ホールディングス(TBS)に譲渡し、マンガボックスを合弁会社化したと発表した。

photo

 マンガボックスは漫画アプリ「マンガボックス」を運営する子会社として2020年5月18日にDeNAから独立。7月7日にTBSから第三者割当増資による資金調達を行った。

 TBSは中期経営計画の中で、オリジナル作品の開発強化を掲げている。今後、DeNAのマンガ編集力やマーケティング力とTBSの映像制作力や媒体力をかけあわせた作品作りを展開したい考え。

photo

 マンガボックスアプリはDeNAが13年にリリース。アプリのダウンロード数は1500万回に上る。主な利用者層は20〜30代の男女。講談社や小学館と連携しながら、「恋と嘘」や「ホリデイラブ」などのオリジナル作品を展開してきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.