ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年07月15日 14時14分 公開

レジ不要のスマートショッピングカート、Amazonが発表 毎回バーコードを読み取る実用的な仕様

米Amazon.comが、レジ不要のスマートショッピングカート「Amazon Dash Cart」を発表した。商品を入れる度にバーコードを読み込ませることで、金額を自動計算する仕組み。

[ITmedia]

 米Amazon.comは7月14日(現地時間)、客が会計でレジに並ぶ必要のないスマートショッピングカート「Amazon Dash Cart」を発表した。商品を入れる度にバーコードを読み込ませることで金額を自動計算し、代金を客のクレジットカードへ請求する仕組み。2020年内に米国カリフォルニア州にオープンする直営食料スーパーで稼働する。

photo スマートショッピングカート「Amazon Dash Cart」

 使い方はこうだ。スマートフォン向けAmazonアプリに表示されたQRコードを店のカートにかざして自身のAmazon.comアカウントにサインイン。買い物バッグをカートにセットし、商品のバーコードをカートのセンサーに読み込ませながら入れていく。うまく読み取れなかった場合はカートの前方部分がオレンジ色に光るため、商品をいったん取り出して再度読み込ませる必要がある。

 買い物が終わったら出口を通ると、Amazonアカウントに登録したクレジットカードで支払いが行われる。レシートはメールで受け取る。

photo
photo
photo
photo Amazon Dash Cartの使い方

 カートに入れた商品の小計や、Alexaに保存した買い物リストを表示する機能を持つ。クーポンスキャナーを搭載し、客が該当の商品をカートに入れた際にクーポンを適用する。

 米Amazon.comは2016年にレジなしショップ「Amazon Go」、20年にAmazon Goの食品スーパー「Amazon Go Grocery」をオープン。店の入り口でコードを読み取り、退店時に自動的に決済を行う店舗を運営している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.