ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年12月23日 15時36分 公開

NEC、レジなし店舗を本社ビル内に開業へ 商品持ち出すだけで決済、代金は給与から天引き

NECが、商品をレジに通さずに決済できる小売店を、2020年2月に本社ビル内にオープンする。社員が手に取った商品をセンサーで検知し、退店と同時に決済処理を行う。給与システムと連動しており、購入代金を天引きする。

[ITmedia]

 NECは12月23日、商品をレジに通さずに決済できる社員向けの小売店を、2020年2月に本社ビル内にオープンすると発表した。中国でレジなし店舗を運営するCloudPickのセンサーを活用して、NECの社員が手に取った商品を検知し、退店と同時に自動で決済処理を行う。給与システムと連動しており、購入代金を天引きする仕組み。

photo レジなし店舗のエントランス

 社員がレジを待つ時間の短縮と、店舗側の人手不足解消が狙い。ゆくゆくは、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」や、社員証を活用した入店管理も始める予定。クレジットカードや各種電子マネーによる決済にも対応するという。

photo レジなし店舗の内部

 店舗運営で得たノウハウを基に、店舗を省人化するソリューションを開発し、20年度中に他社に提供する計画もあるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.