ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年07月21日 19時49分 公開

iPhone 12はサブ6GHz帯と5Gミリ波の両対応?

iPhoneの5G対応は2020年と翌2021年では異なるようだ。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 台湾のICサプライチェーン情報筋によれば、Appleは2020年発売のiPhoneに関して、サブ6GHz帯と5Gミリ波の両方をサポートする予定だが、2021年は特定の市場向けに、その片方だけをサポートするモデルを投入する可能性が高いと、DigiTimesが伝えている

 台湾の半導体業界の情報筋は、Appleが2020年のiPhoneラインアップにQualcommの5nmプロセスの5Gモデムチップ「Snapdragon X60 5G」を採用することを決定したため、今年はデュアルモードの5G iPhoneのみを発売すると話したそうだ。

 サブ6GHz帯または5Gミリ波のいずれかに対応したシングルモードのiPhoneは2020年後半には発売されないとされているが、他の情報筋の中には、5Gネットワークの規格が世界的に統一されにくく、一部の国、特に中国は明らかにサブ6GHz帯に重点を置いており、米国はミリ波技術を重視しているため、Appleは一部の特定の市場向けにシングルモードの5Gモデルを導入する可能性が高く、2021年に導入されるという考えもあるそうだ。

 バンドを限定的にサポートする5Gモデルのリリースは、将来のiPhoneのモデムコストを削減し、市場シェアの拡大に貢献する可能性があると情報筋は話しているという。

photo iPhone 2020のモックアップ
photo iPhone 2020のモックアップ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.