ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年07月22日 15時40分 公開

芸人・野田クリスタルさん、Switch向けゲーム開発へ クラファンで「“スーパー野田ゲーPARTY”を皆で作りたい」

芸人の野田クリスタルさんがNintendo Switch向けゲーム「スーパー野田ゲーパーティー」の開発資金を募るプロジェクトを、クラウドファンディングで始めた。2021年3月の発売を目指す。

[安田晴香,ITmedia]

 コンビ芸人・マヂカルラブリーの野田クリスタルさんが7月21日、Nintendo Switch向けゲーム「スーパー野田ゲーパーティー」の開発資金を募るプロジェクトを、所属する吉本興業のクラウドファンディングサイト「SILKHAT」で始めた。「あなたが描いたイラストや落書きがどこかに使用される権」「ゲーム内のザコキャラになれる権」などのリターンを支援額に応じて用意する。目標金額は400万円で支援額は1000円から。2021年3月の発売を目指す。

photo クラウドファンディングサイト「SILKHAT」より(一部抜粋)
photophoto 支援額に応じたリターンを用意する

 支援額は7月22日午後2時時点で320万円以上に到達。クラウドファンディングを通して、支援者からゲーム内で使うせりふ、音声、画像やイラストの他、試作ゲームに対するダメ出しなどを募集する。集まった素材を基に、どのようなゲームにするか、どのように素材を使うかなどを検討し、ゲームを開発。20本以上のゲームを制作し、低価格で発売するという。

 野田さんは自身のTwitterアカウントで、「ニンテンドー様の顔色を伺いつつなんとかして成功したいと本気で思っています。どうかご協力お願いします!!」と投稿。「(ゲーム内に登場するなどの)リターン品もまだまだ追加していきますので、こんなリターン品が欲しいなどの要望があればいくらでも言ってください!」と呼び掛けている。

 プロジェクトは面白法人カヤックと共同で行う。同社から「何か一緒にやらないか」という誘いを受け、どのようなゲームを開発できるかゼロベースから検討を重ねた。「自分が考えたゲームがたくさん詰まった『スーパー野田ゲーパーティー』をNintendo switchで出したい」という野田さんの要望から、プロジェクトが具体的に動き出したという。

 野田さんは25歳から独学でプログラミングを学習しながら、オリジナルゲームを開発。自作のゲームをプレイしながら実況するネタで、2020年のR-1ぐらんぷりで優勝した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.