ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年07月27日 10時28分 公開

Appleのペリスコープ構造レンズ開発にサムスン電機とサニーが加わる?

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 TF International Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏は、Appleのペリスコープ構造レンズの開発は2022年発売に向けて順調に進んでおり、新しいサプライヤーがレンズと対応するボイスコイルモーター部品の注文を満たすと予想していると、Appleisiderが伝えている

 韓国サムスン電子傘下のサムスン電機と中国の光学レンズおよび光学機器メーカーSunny Optical Technologyが新しく加わる可能性があるという。

 サムスン電機は2020年に、6P-6素子レンズアレイとボール型VCM技術でiPhoneのサプライチェーンに参入すると予想されており、後者はオートフォーカスと手ブレ補正機能に利用されている。

photo サムスン電機のカメラモジュール

 VCMの設計は、既存のiPhoneやiPadのモデルで使用されているスプリングタイプのモーターに取って代わるものであり、同社は2021年に6P/7Pまたは5P/6Pレンズ部品を供給し、現在のサプライヤーであるLarganとGeniusから注文を奪う可能性があると考えているそうだ。

 Sunny Optical Technologyは、2020年の第4四半期にAppleの品質評価に合格することを目指していて、同社がテクノロジージャイアントの高い基準を満たすことができれば、2021年前半には一部のMac用レンズだけでなく、iPad用の5Pレンズの大量出荷を開始する可能性が高いという。

photo Sunny Optical Technology

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.