ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年07月30日 12時09分 公開

ソフトバンクG、唾液PCR検査で新会社 社員や自治体、法人に「低価格・高頻度で提供」

ソフトバンクグループが、唾液PCR検査を行う新会社を設立。社員やソフトバンクホークスの選手に試験的な検査を実施し、将来は自治体や法人などに対象を拡大する。「低価格・高頻度での提供を目指す」という。

[ITmedia]

 ソフトバンクグループ(SBG)は7月29日、新型コロナウイルスを検出する唾液PCR検査を行う子会社を設立した。「低価格・高頻度での提供を目指す」という。まずは社員向けに試験的な検査を始め、保有するプロ野球チーム・ソフトバンクホークスの選手に対象を拡大する。将来は自治体や法人などに、実費負担だけで検査を提供する計画。

photo ソフトバンクグループによる発表

 社名は「新型コロナウイルス検査センター」。国立国際医療研究センターが協力する予定で、検査を通じたクラスターの抑制、早期発見、拡大防止に向けた共同研究を進める方向で協議中という。

 SBGは6月に、社員や取引先、医療従事者など約4万4000人に抗体検査を実施するなど、関係者の健康状態の把握に注力してきた(陽性率は0.43%)。

 新会社の設立もその方針の一環。社員向けにPCR検査を行うことで、社員の感染リスクを低減し、「安心して働ける環境を整備する」という。

 自治体や法人向けには検査を実費で提供し、経済的な負担を抑えることで高い頻度で検査できる環境を整える。利益が出た場合は、医療機関などに寄付するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.