ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年08月05日 07時04分 公開

「Google Play Musicは12月末で終了」 YouTube Musicへの移行スケジュール発表

2013年スタートの「Google Play Music」が2020年末に完全終了する。8月下旬から「Music Manager」での音楽ダウンロードなどができなくなり、10月にはストリーミングもできなくなる。コンテンツの移行は12月末まで可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは8月4日(現地時間)、音楽配信サービス「Google Play Music」の提供を12月末までに完全に終了し、「YouTube Music」に置き換えると発表した。Google Play Musicの終了は発表済みだが、年末で終了とはっきり宣言したのはこれが初めてだ。

 music 1

 YouTubeは5月に移行ツールを公開しており、ユーザーに音楽ライブラリの移行を促してきた。

 music 2

 今回発表された今後のスケジュールは以下の通りだ。

 8月下旬から、Google Play Musicの「Music Manager」での音楽購入、予約購入、音楽のアップロードとダウンロードができなくなる。(転送ツールでYouTube Musicにコンテンツを移行するか、YouTube Musicに移行しないユーザーはGoogleデータエクスポートを使ってダウンロードすることは、年末まで可能)。

 10月には日本を含むすべての地域で、Google Play Musicアプリでのストリーミングなどができなくなる。プレイリスト、アップロード、楽曲購入、「いいね」、YouTube Musicへの音楽ライブラリの転送などは12月末まで利用できる。12月末でGoogle Play Musicのすべての機能が使えなくなる。

 YouTube Musicへの移行をせず、Googleの音楽サービスを使わないことにしたユーザーに対しては、支払いが続いてしまわないよう請求サイクルの期限に通知の上、定期購入をキャンセルする。

 Googleは2018年にはGoogle Play Musicを終了すると報じられていた。Google Play Musicで重要な音楽のアップロード機能が3月にYouTube Musicでも利用できるようになり、5月に移行ツールが公開されてから、年内終了はほぼ確実になっていた。

 移行に関連するQ&Aはこちらの5月の記事にまとめた。具体的な移行方法などについてはヘルプページを参照されたい。

 music 3 日本語のヘルプページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.