ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年08月05日 16時07分 公開

ソニー、カメラ付き人工衛星開発へ リアルタイム宇宙映像をエンタメ活用 東大、JAXAと共同で

ソニー、東京大学、JAXAが、ソニーのカメラを搭載した人工衛星の共同開発を始める。

[ITmedia]

 ソニー、東京大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8月5日、ソニーのカメラを搭載した人工衛星を共同開発すると発表した。地上からリアルタイムで遠隔操作できるカメラシステムを構築し、撮影した宇宙空間の映像を地球へ伝送。宇宙の映像を活用したコンテンツ作りや、将来的なJAXAのミッションにつながる知見や技術の獲得を目指す。

photo ニュースリリースより(一部抜粋)

 宇宙ビジネスを目指す民間企業がJAXAと共同で事業化を目指す「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)プログラム(事業共同実証)」に基づくもの。東京大学とJAXAの支援を受け、ソニーが主体となってプロジェクトの計画策定やカメラシステムなどの技術実証を行う。

 ソニーはイメージングやセンシング、通信などの技術を活用し、人工衛星のカメラ部分の開発やカメラシステムの構築を担当する。東京大学は人工衛星の電力、通信、姿勢制御など基本機能の開発を支援。JAXAは人工衛星の開発や運用技術、ソニーが進める事業や研究開発計画の検討をサポートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.