ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年08月18日 11時36分 公開

TikTok、新たな公式Twitterアカウント開設 「中国政府に米ユーザーデータを提供したことなどない」

中国ByteDanceのTikTokの米オフィスが“うわさや偽情報を修正し、リアルタイムの情報を提供する”ための新Twitterアカウントと情報ハブを開設した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国ByteDance傘下で米国に拠点を置くTikTokの米オフィスは8月17日(現地時間)、「記録を修正し、企業情報をリアルタイムで共有するための」新しいTwitterアカウントと、真実を伝えるための新たな情報ハブを開設したと発表した。

 ByteDanceはTikTokの公式Twitterアカウントを2014年から持っているが、こちらの拠点は「グローバル」と表示されている一方、新アカウントは「カリフォルニア州ロサンゼルス」になっている。

 tiktok 1 TikTokの新Twitterアカウント

 情報ハブには、「米連邦政府やメディアで増加しているTikTokについてのうわさや偽情報を修正させてください。TikTokは中国では利用できません。米国のユーザーデータはシンガポールでバックアップしつつ、バージニア州に保存されています。TikTokは米国のユーザーデータを中国政府に提供したことはなく、要請されても今後も提供しません」とある。

 tiktok 2 The Last Sunny Corner of the Internetと題された情報ハブページのトップ

 このページには6日の大統領令や透明性レポートの取り組みなどについての説明へのリンクが並ぶ。

 この大統領令は、米国企業に対し、ByteDanceとの取引を禁止するというものだ。TikTokはこの命令には根拠がないと指摘し、訴訟も辞さないとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.