ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2020年08月18日 17時38分 公開

としまえん跡地にハリポタ体験型施設、2023年オープン予定 映画セットや小道具など展示

ワーナーブラザーズ ジャパンと西武鉄道らが、閉園予定の遊園地・としまえんの跡地に「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」を2023年にオープンすると発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 ワーナーブラザーズ ジャパンと西武鉄道らは8月18日、閉園予定の遊園地・としまえん(東京都練馬区)の跡地に「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」を2023年にオープンすると発表した。「ハリー・ポッター」の映画撮影で実際に使われた衣装や小道具などを展示する。

photo

 ワーナーブラザーズ ジャパンと西武鉄道、伊藤忠商事、芙蓉総合リースは同日、同施設の開発に関する契約を締結した。8月末で閉園になるとしまえんの跡地は東京都が公園として段階的に整備する計画になっており、スタジオツアー東京のオープンも計画の一環として建設する。

 スタジオツアー東京は、ロンドンの「メイキング・オブ ハリー・ポッター」に次いで世界で2番目に開設するハリー・ポッター体験施設となる。広さは約3万平方メートル。施設内にはハリー・ポッターの映画シリーズのスタッフが制作した映画セットを設置。映画のワンシーンを実際に体験できるという。

photo ロンドンのメイキング・オブ ハリー・ポッター

 写真撮影ができる屋外スペースなども用意する。入場口前の広場には、ハリー・ポッターの映画に登場する動物の彫刻を配置した造園エリアを作る予定。

 来場者の体験価値を高めるため、入場チケットは来場者数が適切になるよう調整して販売する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.