ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年08月20日 20時15分 公開

LINE、「OK Google」でスクショやURL送信が可能に Android端末に対応

「Google アシスタント」を使い、メッセージアプリ「LINE」でスマートフォン画面のスクリーンショットやURLの送信などができるようになった。Pixel 4などではYouTube動画も共有できる。

[ITmedia]

 LINEは8月20日、「Google アシスタント」を使い、メッセージアプリ「LINE」でスマートフォンのスクリーンショットやURLを送信できるようになったと発表した。

photo スクリーンショットの送信イメージ

 1対1のトークルームで利用できる機能。ユーザーがAndroidのスマートフォンに「OK Google、〇〇にスクリーンショットをLINEでシェア」などと話しかけると、スクリーンショットを撮影。プレビュー画面で確認し、送信ボタンを押すと相手に画像を送れる。

 新しいGoogle アシスタントを搭載している米Googleの「Pixel 4/4a」ではYouTube動画の送信も可能としている。

 対応言語は日本語・英語。対応端末はAndroid 6.0以降で、LINEのバージョンは10.12.0以降。

 LINEは3月17日、LINEアプリのGoogle アシスタント対応を開始。今後も機能を順次拡大するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.