ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年08月26日 08時41分 公開

Microsoft、「Word for Web」にトランスクリプト(文字起こし)機能を追加

Web版のMicrosoft Wordに、音声をテキストに変換する機能「トランスクリプト」が追加された。まだ対応するのは英語のみだが、対応言語を拡大していく計画。複数の話者を区別してテキスト化し、テキストはそのままWordのドキュメントに挿入できる。

[ITmedia]

 米Microsoftは8月25日(現地時間)、「Microsoft 365」の「Word for Web」に音声をテキスト化する「トランスクリプト」(文字起こし)機能を追加したと発表した。まずは英語のみの対応だが、対応言語を順次拡大していく計画という。また、年内にはモバイル版Officeでも利用できるようになる見込みだ。

 Word for Webのトランスクリプト機能は、新しいMicrosoft Edgeと米GoogleのChromeで利用可能。

 Word for Webのツールバーの「ディクテーション」ボタンがプルダウンメニューになり、「トランスクリプト」を選べるようになった。

 trans 1

 リアルタイムで音声録音を開始するか、録音済みのオーディオファイルをアップロードするかのいずれかを選べる。音声録音開始ボタンをクリックすると録音が始まり、一時停止ボタンの下の、保存してトランスクライブするボタンをクリックすると文字起こしの結果が表示される。

 trans 2
 tarns 3 文字起こし結果

 文字起こしは、話者が複数いる場合は話者別にタイムスタンプ付きで表示される。音声を再生したり、テキストを修正したり、会話の全体あるいは部分を文書にコピーしたりすることができる。

 リアルタイムの録音に時間や容量の制限はないが、録音をOneDriveにアップロードしての文字起こしの場合は5時間分という制限がある。

 トランスクリプト機能は、Otter.aiや米GoogleのAndroid端末で使える「レコーダー」や「Google翻訳」アプリなどがあるが、いずれも文字起こし結果を使うにはWordなど他のアプリにコピー&ペーストする必要がある。新機能はWord内で使える分、便利そうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.