ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年08月27日 06時55分 公開

キヤノンのWi-Fi対応カメラからGoogleフォトへの写真自動保存が可能に

キヤノンのWi-Fi対応カメラからGoogleフォトへ、「image.canon」アプリ経由で写真を自動バックアップできるようになった。「Google One」が必要だが、元の画質のまま保存できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月26日(現地時間)、キヤノンのEOSシリーズのデジタルカメラで撮影した写真データをWi-Fi経由で「Googleフォト」にバックアップできるようになったと発表した。キヤノンのモバイルアプリ「image.canon」(Android版iOS版)に対応するカメラと、Googleドライブの有料版「Google One」が必要だ。

 photo

 対応するカメラは「EOS R5」など、Wi-Fi接続が可能なもののほとんどだ(一覧)。

 image.canonアプリにカメラを追加して転送先としてGoogleフォトを選ぶと、撮影した写真が元の画質のままGoogleフォトに自動的に転送されるようになる。

 photo 2 image.canonでGoogleフォトを選択

 Googleはimage.canonユーザーにGoogle Oneの100GBプランの1カ月トライアルを提供している。

 Googleの無料クラウドストレージサービス「Googleドライブ」の容量は15GB。Googleは「カメラで撮影した全ての画像を保管するための十分なスペースを確保していただくため」、Google Oneの利用をサービス利用の要件としている。

 image.canonでは、10GBまでならキヤノンが提供するクラウドに写真を長期保存できる。先月このクラウドに障害が見つかり、ユーザーデータの一部が消失した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.