ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年08月28日 09時05分 公開

TikTokのCEOが就任80日あまりで辞任、買収交渉にWalmartも参加

6月1日にTikTokのCEOに就任したばかりのケビン・メイヤー氏が、米企業による買収交渉の中、辞任を表明した。トランプ大統領から11月までに完了するよう命じられている交渉に、Walmartも参加したと報じられた。

[ITmedia]

 11月12日までに米企業に売却しなければ米国での提供を停止せよという大統領令が下された中国ByteDance傘下の米TikTokのCEOが辞任した。米Financial Timesが8月27日(現地時間)に最初に報じた。

 6月1日にCEOに就任したばかりのケビン・メイヤー氏はFinancial Timesが入手した従業員宛のメールで、「この数週間、政治的環境が激変し、私のグローバルな役割について考えた。このような状況下で退職することを皆さんに伝えるのは非常に苦しい」と語った。

 TikTokは暫定CEOとして、2018年からByteDanceでTikTokを担当し、2019年1月にTikTokのジェネラルマネジャーに就任したバネッサ・パパス氏を指名した。同氏は自身のTwitterアカウントで「われわれが過去2年間で達成したことは驚くべきものだった。次の章でも達成できると確信している」と意気込みを語った。


 tiktok バネッサ・パパス氏(左)、ケビン・メイヤー氏

 ByteDanceは現在、米MicrosoftとTikTokの米国でのサービスなどの売却で交渉中だ。ドナルド・トランプ大統領は、「Microsoftだろうが他の企業だろうが、とにかく出自が米国のセキュアな大企業がTikTokを買収すればいい」と表明している。買収交渉には米Oracleや米Twitterも参加していると報じられている。27日には米CNBCが、米小売大手のWalmartがTikTokへの入札でMicrosoftと提携していると報じた。情報筋によると、ByteDanceは米、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの事業を200億〜300億ドルで売却する見込みという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.