ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年08月31日 11時01分 公開

中国政府が新技術輸出規制 「TikTok売却は慎重に検討すべし」

中国政府がAIなどの輸出に関する新たな規制を発表。TikTokでも採用されている技術を輸出するには当局のライセンスが必要になる。ByteDanceはTikTokの米企業への売却について「規制を厳密に順守する」と語った。

[ITmedia]

 中国政府は8月28日(現地時間)、AIなどの技術の輸出に関する新たな規制を発表した。これにより、現在交渉中の中国ByteDanceによるTikTok事業の米国企業への売却が難しくなると、米Wall Street Journalが29日に報じた。

 tiktok

 新たな規制は、テキスト分析、コンテンツ推奨、音声モデリング、音声認識などの分野の技術をカバーしており、TikTokで採用する技術も含まれる。リスト上の技術を輸出するには中国当局のライセンスが必要になる。

 中国国営メディア新華社通信は29日、ByteDanceはTikTok売却交渉を中止すべきかどうかを「真剣かつ慎重に」検討すべきだとという政府関係者の言葉を報じた。

 ByteDanceは30日、Wall Street Journalに対し、「新規制を認識しており、この規制を厳密に順守する」という声明を送った。

 TikTokの米国での事業をめぐっては、ドナルド・トランプ米大統領が7日、米企業に対し、ByteDanceとTencentとの取引を禁止する大統領令を発令し、これを受けてByteDanceは米MicrosoftなどとTikTokの米国での事業を売却する交渉に入った。現在、Microsoftの他、Oracle、Twitter、Walmartも買収交渉に参加しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.