ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年09月07日 16時45分 公開

石破氏の“あつ森”選挙活用、規約違反を指摘する声 任天堂は「確認中」

自民党の石破茂氏が、総裁選に向けた選挙活動で任天堂のゲーム「あつまれ どうぶつの森」を活用すると発表した。これに対し「利用規約違反ではないか」との指摘が相次いでいる。

[谷井将人,ITmedia]
photo 自民党の石破茂氏(公式YouTubeチャンネルより)

 自民党の石破茂氏が9月6日に、自民党総裁選に向けた選挙活動で任天堂のゲーム「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)を活用すると発表したことを受け、Twitter上では同日から「利用規約違反ではないか」との指摘が相次いでいる。石破氏は指摘を受け、告知動画を非公開にした。任天堂は「社内でも確認をとっており、今の段階でお話しできることはない」と見解を述べた。

 石破氏は6日、自身のYouTubeチャンネルで選挙活動にあつ森を活用するという内容の告知動画を公開。石破氏のポスターを模した「マイデザイン」を公開したり、石破氏のアバターがポスターを貼ったユーザーのもとに訪問したりして、有権者とコミュニケーションをとるとしていた。

photo

 しかし、Twitterでは「任天堂のゲーム利用規約に政治的な利用を禁止する内容がある」「利用規約に違反するのではないか」との指摘が相次いだ。

 任天堂は「ニンテンドーネットワーク利用規約」の第6条15項、「ニンテンドーアカウント利用規約」の第8条20項のbで、政治的な主張を含む行為を禁止するとしている。

photo 「ニンテンドーネットワーク利用規約」の第6条

 米国では9月1日、民主党の大統領候補であるジョー・バイデン氏が選挙キャンペーンの一環としてあつ森のマイデザインを公開して話題になった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.