ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月10日 18時32分 公開

料理の絵をAIが認識、テークアウトできる店を検索 ホットペッパーで新サービス

スマートフォンで食べ物の絵を撮るとAIが認識し、テークアウトできる飲食店を自動で検索するサービスが登場。名称は「おえかきテイクアウト」。親子などに向けて「ホットペッパーグルメ」の特設サイトで提供する。

[吉川大貴,ITmedia]

 リクルートライフスタイルは9月10日、食べ物の絵をスマートフォンカメラで撮ると、AIがその料理を認識し、テークアウトできる飲食店を自動で検索するサービス「おえかきテイクアウト」を始めた。情報サイト「ホットペッパーグルメ」の特設ページで提供する。

 親子などの利用を想定。コロナ禍でテークアウトに対応する飲食店が増える中で、家族でのメニュー選びを楽しんでもらう目的がある。

photo 利用のイメージ

 ユーザーが紙に料理の絵を描いて撮影すると、画像認識AIが種類を判別。ホットペッパーグルメに掲載している飲食店から、絵と同じ料理をテークアウトできる店を検索して表示する。子どもの絵も認識するという。

 画像認識AIは、米Googleが提供する機械学習用のオープンソースライブラリ「TensorFlow」を使って開発。子どもが描いた47種類の料理の絵を約200枚ずつ学習させたという。

 AIの構築やWebホスティングには、Googleのパブリッククラウドサービス「Google Cloud Platform」を利用している。

photo 使い方の流れ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.