ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年09月11日 17時52分 公開

タニタ、非接触体温計を発売 額にかざして約1秒で検温 液体の温度も測れる

タニタが非接触体温計を発売。額にかざすと約1秒で体温を計測できる。温度計機能も備え、液体などの温度も測定できる。価格は税込5500円。

[ITmedia]

 タニタは9月10日、非接触体温計「BT−541」を発売した。額から放射される赤外線の量を測定し、体温に換算して液晶画面に表示する仕組み。額にかざすと約1秒で体温を計測する。温度計機能も備え、液体の温度も測定できる。価格は5500円(税込)。全国の家電量販店とタニタの公式ECサイトで取り扱う。

photo 額にかざして計測する非接触体温計

 体温が38度以上の場合に音と光で知らせる「高温アラート機能」を搭載。部屋が暗い場合でも測定結果を視認しやすいよう、液晶画面のバックライト機能も備える。温度計機能では、飲料やスープなどの液体にBT−541を近づけると、表面温度を液晶に表示する。

 サイズは、高さが39mm、幅が49mm、奥行きが129mm。重さは約90g。電池交換式で、単4電池2本で5千回ほど測定できる。

 タニタは従来、脇に挟むタイプの電子体温計のみ販売しており、非接触体温計を手掛けるのは初。

 「じっとしていない子どもの体温がすぐ分かり、赤ちゃんの粉ミルクの温度も測れるので、子育て中の親世代にも適している」と同社の担当者は話す。今後はユーザーから意見を聞き、新商品の開発に生かすとしている。

photo 粉ミルクの温度も測定可能

【訂正:2020年9月14日午後2時10分 記事初出時、本文で「新型コロナウイルス感染拡大を受け、接触を避けて素早く体温を測れる体温計のニーズが高まっていることから参入を決めたという」と表記していましたが、追加の取材と事実確認に基づき、該当部分を削除しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.