ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月15日 17時04分 公開

ドコモ口座の不正引き出し、被害は143件、総額2676万円に増加

電子決済サービス「ドコモ口座」の不正引き出し問題について、NTTドコモは9月15日午前0時までに全国11の銀行で143件、2676万円の被害を確認したと明らかにした。

[安田晴香,ITmedia]

 NTTドコモは9月15日、電子決済サービス「ドコモ口座」の不正利用について、同日午前0時までに全国11の銀行で143件、2676万円の被害を確認したと明らかにした。

photo ドコモ口座の公式Webサイトより

 同社は14日に記者会見を開き、「被害があった銀行からのチャージを停止し、不正が疑われるアカウントにはロックをかけているため、新しい被害はほぼ出てこないだろう」と説明。今後の被害状況については、口座の確認や記帳をしていないユーザーからの申告によって、被害件数や被害額が変動する可能性があるとしていた。

 同社は現在、ドコモ口座と連携している全35行で新規の口座開設を停止。22行はドコモ口座へのチャージ機能を停止している。

 総務省の高市早苗大臣は15日、ドコモ口座以外の電子決済サービスでも不正引き出し被害が発生していると発表。「ドコモ口座だけでなく、即時振替サービスに関して不審な出金がないか、幅広く確認していただかないといけない」と事業者や国民に呼び掛けた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.