ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年09月23日 13時00分 公開

富士ゼロックス、電子署名導入で押印負担軽減へ 年間50万件の契約で

富士ゼロックスが他社との契約に電子署名を導入すると発表した。押印の作業負担を軽減する。

[谷井将人,ITmedia]

 富士ゼロックスは9月23日、年間50万件に及ぶ他社との契約に電子署名を導入すると発表した。押印の作業負担をなくし、契約時の電子署名や契約書の管理などを効率化する。

photo

 富士ゼロックスは、電子署名の導入で、印刷代や郵送費、書類の保管スペースにかかる費用を削減できる他、紛失や改ざんなどのリスクも減らせるとしている。

 同社は1月、米DocuSignとパートナーシップを締結。DocuSignの「電子署名クラウドサービス」を顧客に販売している。同サービスを自社のワークフローにも導入することで、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.