ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年09月23日 16時10分 公開

SwiftでWindowsアプリ開発可能に クロスプラットフォーム化も

プログラミング言語「Swift」の開発チームが、Swiftを使ってWindowsアプリの開発をできるようにしたと発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 プログラミング言語「Swift」の開発チームは9月22日(現地時間)、macOS、iOS、Linuxなどで動作するオープンソースのプログラミング言語であるSwiftを、Windows環境でもビルドして実行できるようにしたと発表した。

photo

 Swift開発チームはSwiftを使ったWindowsアプリの開発ができるよう、SwiftのコンパイラやライブラリをWindows用に移植する作業を1年以上前から行ってきたという。現在は、外部ソフトでビルドを行っているが、将来的にはSwiftの基本機能のみでコーディングからコンパイル、ビルドまで完結できるようにする。

photo Swiftで作ったWindows用電卓アプリ

 一部の開発者は、Swiftを使って作られた既存のmacOS/iOSアプリをWindows環境に簡単に移植できるよう実験しているという。

 開発チームは今後もWindows向けにシステムの移植を進めるとし、ユーザーにバグの報告やその他のフィードバックなどを求めている。

 Swiftは2016年にIBMのクラウド環境に対応した他、20年5月には、AWS(Amazon Web Service)のクラウドサービス「AWS Lambda」にも対応するなど、macOSやiOS以外での利用シーンの拡大を続けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.