ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年09月25日 18時11分 公開

慶應大、経費管理のペーパーレス化を推進 コンカーの経費精算クラウド導入

慶應大が、コンカーの経費精算用クラウドサービスの採用を決定。段階的に導入を進め、2021年12月に完了する予定。経費精算や請求書処理の効率化を目指す。

[ITmedia]

 慶應義塾大学はこのほど、経費精算や請求書処理の効率化に向け、経費精算用のSaaSを手掛けるコンカーのクラウドサービスの採用を決めた。段階的に導入を進め、2021年12月に完了する予定。大学病院などへの展開も見込む。

photo 慶應義塾大学の公式サイト

 大学での研究費は資金源が多岐にわたり、精算のルールが複雑化していることから、SaaSを活用してペーパーレス化を推進。研究者や職員の負担軽減を図る。

 慶應大が利用するのは、紙の請求書の自動読み取りやオンラインでの申請・承認に対応する「Concur Invoice」、スマートフォンのカメラで撮影したレシートの自動認識などが可能な「Concur Expense」など。システム導入とコンサルティングは日本アイ・ビー・エムが担当する。

photo 慶應義塾大学が導入する「Concur Expense」

 同大では19年6月から、業務プロセスの効率化やペーパーレス化に向け、Concur InvoiceとConcur Expenseを使った実証実験を行ってきた。その結果、業務プロセスを大幅に改善できたため、正式導入を決めたとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.