ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年09月28日 18時00分 公開

UQ mobile運営会社で支払い情報の登録事故 1万人以上の与信に影響か

UQコミュニケーションズは、割賦契約の支払いが遅れたユーザーの信用情報を誤って登録していたと発表した。最大で1万2176人の割賦契約やクレジット契約に影響が及んだ可能性があるという。

[井上輝一,ITmedia]

 格安スマホブランド「UQ mobile」を展開するUQコミュニケーションズは9月28日、スマートフォンなどを分割払いで契約したユーザーのうち、支払いが遅れたユーザーの信用情報を誤って登録していたと発表した。最大で1万2176人の割賦契約やクレジット契約に影響が及んだ可能性があるという。

UQコミュニケーションズの発表文

 影響があった可能性があるのは、2018年1月から20年9月までの間に毎月の割賦代金の支払い遅延があったユーザー。通常、支払いの遅延が3カ月以上あった場合に指定信用情報機関のシー・アイ・シー(CIC)へ情報を登録しているが、この期間中は遅延が3カ月未満であってもCICへ誤って登録してしまっていたとしている。

 これにより、誤登録を受けたユーザーがCICの加盟会員会社と割賦契約やクレジット契約を結ぼうとする際に、与信判断に悪影響が生じた可能性があるという。

 誤登録に関しては9月20日に修正を完了した。対象となっていた可能性のあるユーザーには29日から案内を送付する。補償については「現在のところこれといったものはない」(同社)としており、「個別にUQお客さまセンターへ連絡してほしい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.