ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年10月05日 18時00分 公開

オンライン試験で“あやしい挙動”を検知するAI、NTT東が開発 替え玉受験やカンニング対策で

NTT東日本が、オンライン試験向けに、替え玉受験やカンニングなどの不正の疑いがある行為を検知する「クラウドAIを用いた挙動検知機能」を開発した。

[谷井将人,ITmedia]

 NTT東日本は10月5日、オンラインで行う資格試験や検定試験向けに、“替え玉受験”やカンニングの疑いがある行為を検知する「クラウドAIを用いた挙動検知機能」を開発したと発表した。

photo

 資格試験を手掛けるイー・コミュニケーションズ(東京都港区)と共同で開発。PCなどを使って試験を受ける受験者の映像をAIが分析する。AIはクラウド上で動作し、動画に記録された音声や映像を基に受験者の目線や人数などをそれぞれ分析し、疑わしい点がないか調べる。

 イー・コミュニケーションズが持つデータを活用し、不正行為を行っているときの受験者の挙動をAIに学習させた。試験中だけ受験者が交代する替え玉受験や、複数人での受験、電話やカンニングペーパーを使った不正など、疑わしい挙動を検出できる。

photo

 開発の背景には、新型コロナウイルス感染症の影響で従来のような会場に集まって行う試験が開催できない状況がある。今後もオンラインでの試験は続くとする一方、オンライン試験では受験者の監視ができず、不正行為を見抜けない課題があるという。

 NTT東日本は今後、クラウドAIを用いた挙動検知機能を社内での資格試験で活用。イー・コミュニケーションズは、クラウド型オンライン試験監視システム「Remote Testing AIアナリスト」に同機能を搭載して提供する。

【編集履歴:2020年10月6日午後7時 追加の事実確認に基づき、タイトルと本文の表現の一部を変更しました】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.