ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年10月07日 11時50分 公開

「nasne」が復活、21年春に発売へ バッファローがSIEから継承 PS5対応は「コメントできない」

バッファローがSIEから、ネットワークレコーダー「nasne」を継承。新モデルを2021年春に発売する。価格や発売日などは明かしていない。「PS5」への対応を含む機能面については「コメントできない」としている。

[ITmedia]

 バッファローは10月7日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が2019年に販売を終了したネットワークレコーダー「nasne」を継承し、21年春に新モデルを発売すると発表した。バッファローがnasneを製造販売し、専用アプリ「torne」の開発やサービス運営はSIEが継続する。「PlayStation 5」への対応を含む機能拡充については「コメントできない」としている。

 現時点で新型nasneの対応機種は「PlayStation 4」のみ。価格や発売日などは明かしておらず「Webサイトで随時お知らせする」という。

photo バッファローが21年春に発売予定の新型「nasne」

 nasneはSIEが12年に発売。HDDと地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵し、テレビ番組のレコーダーやメディアストレージとして使えた。ネットワーク経由でスマートフォンやタブレット、PlayStationシリーズと接続し、録画した番組を視聴することもできた。

 だがSIEは、19年6月に「ロングセラー商品だが、さまざまな状況を考慮した」としてnasneの販売終了を発表。ユーザーからは「困る」「一つの時代が終わった」といった声が出ていた。

 バッファローの担当者によると「SIEが2019年にnasneの販売を終了した後、当社側から話を持ちかけ、交渉を重ねてきた」という。製造・販売元を変えてのnasne復活の報を受け、Twitterには「nasneが生き残った」「復活はめでたい」「これはうれしい」といった喜びの投稿が相次いでいる。

photo 専用アプリ「torne」はSIEが引き続き提供する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.