ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月08日 12時02分 公開

成層圏通信のHAPSモバイル、無人航空機の成層圏テスト飛行に成功

ソフトバンク傘下で成層圏通信プラットフォームを手掛けるHAPSモバイルが、成層圏で通信基地局の役割を果たす無人航空機の成層圏飛行に成功したと発表した。

[ITmedia]

 ソフトバンク傘下で成層圏通信プラットフォームを手掛けるHAPSモバイルは10月8日、成層圏で通信基地局の役割を果たす無人航空機「Sunglider」(サングライダー)の成層圏飛行に成功したと発表した。

photo テストフライトの様子

 米国ニューメキシコ州の宇宙関連施設「Spaceport America」(以下「SpA」)で9月21日(米国山岳部時間)、5回目のテストフライトを行い、飛行高度6万2500フィート(約19km)を記録。飛行時間は20時間16分で、そのうち成層圏(上空10〜50km)の滞空時間は5時間38分としている。

 米Alphabet(Google親会社)傘下のLoonと共同で開発した成層圏対応の無線機を使い、LTEの通信試験にも成功。無線機でLTEに接続されたスマートフォンをSpAのメンバーが持ち、日本にいるHAPSモバイルのメンバーとビデオ通話ができたという。

photo
photo 通信試験の仕組みと様子

 HAPSモバイルは2017年、ソフトバンクと無人航空機開発のAeroVironmentの合弁会社として誕生。Loonとは19年から協業し、通信基地局の役割を果たす無人航空機を成層圏に打ち上げ、広範囲な通信網の構築を目指している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.