ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2020年10月13日 16時46分 公開

スパコン「富岳」活用、フェイスシールド開発 設計情報オープンデータ化へ

理研とサントリー種類、凸版印刷が、協働してコロナ対策。飲食店内でのウイルス対策に使用するフェイスシールドを開発する。

[ITmedia]

 理化学研究所(理研)と凸版印刷、サントリー酒類は10月13日、理研のスーパーコンピュータ「富岳」を使った、室内環境でのウイルス拡散予測の研究成果を活用してフェイスシールドを開発し、飲食店で実証実験すると発表した。フェイスシールドの設計情報は、オープンデータ化する計画だ。

 理研は富岳を使い、室内環境でのウイルス飛沫感染予測とその対策について研究開発を行っている。今回、サントリー酒類と凸版印刷が、富岳の研究成果の一部を活用してフェイスシールドを開発し、飲食店で実証実験する。開発するフェイスシールドの設計情報はオープンデータ化し、「広く社会に貢献していくことを目指す」としている。

画像 ニュースリリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.