ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年10月15日 12時47分 公開

ソフトバンク、日本通運と物流SaaSで新会社 配車やシフト管理を効率化

ソフトバンクが日本通運と共同で物流業界のDXを支援する新会社「MeeTruck」を設立したと発表した。輸送トラックの配車支援サービスをSaaSとして提供する。

[谷井将人,ITmedia]

 ソフトバンクは10月15日、日本通運と共同で物流業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する新会社「MeeTruck」(ミートラック)を4月2日に設立したと発表した。15日から輸送トラックの配車支援サービスをSaaSとして提供する。

photo

 代表取締役にはソフトバンクの横井直樹氏が就任。出資比率はソフトバンクが51%、日本通運が49%。ソフトバンクが持つDX支援のノウハウと、日本通運の物流に関する知見を生かし、ドライバー不足やEC需要の拡大などの課題を抱える物流業界のDXを支援する。

 第1弾の事業として、輸送を受注した際の案件登録、輸送トラックの割り当て、従業員のシフト作成などができるWebアプリケーション「MeeTruck」を発売する。今後、受発注や実績の管理機能などを追加する予定。

photo

 これまで、トラック輸送の現場では、輸送トラックの割り当てやスケジュール管理は紙やホワイトボードで行うことが多かったという。システムの導入も、導入費用や管理コスト、問題によりなかなか進まなかった。

 今後は、第2弾の事業として物流業者と荷物の発送者をつなぐマッチングサービスを2021年度中にリリース予定。AIの活用も視野に開発を進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.