ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年10月20日 12時32分 公開

Intel、NANDメモリ事業をSK hynixに90億ドルで売却

Intelが韓国SK hynixにNANDメモリおよびストレージ事業を90億ドル(約9500億円)で売却する。Intelは売却収益をAI、5Gネットワーキング、エッジ製品などの主力事業に投資していくとしている。

[ITmedia]

 韓国SK hynixは10月20日(現地時間)、米IntelのNANDメモリおよびストレージ事業を90億ドル(約9500億円)で買収することで合意に達したと発表した。取引は2段階で、最終的に完了するのは2025年3月の見込み。

 hynix

 この取引には、IntelのNAND SSD事業、NANDコンポーネントおよびウェハー事業、中国大連にあるNANDメモリ製造工場が含まれる。

 intel Intelの現在の製品ポートフォリオ

 Intelはこの売却の収益を、AI、5Gネットワーキング、エッジ製品などの主力事業に投資していく。

 Intelのボブ・スワンCEOは発表文で「われわれが構築したNANDメモリ事業を誇りに思っている。SK hynixは、この事業買収でメモリエコシステムを成長させていくと確信する。Intelはこの取引により、差別化されたテクノロジーへの投資にさらに優先順位を付けられる」と語った。

 Intelは昨年7月には米Appleにスマートフォンモデム事業を売却し、5Gモデム事業からも撤退した。

【更新履歴:2020年10月20日午後1時50分 日本円への換算が間違っていました。お詫びして訂正します。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.