ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年10月23日 13時11分 公開

Facebookの外部組織「監督委員会」、申し立て受け付けを開始

FacebookやInstagramで投稿を削除され、それを不服とするユーザーは、第三者機関「監督委員会」に異議申し立てできるようになった。Facebookは委員会の決定に従う必要がある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは10月22日(現地時間)、プラットフォーム上で許可すべきものと削除すべきものを判断する権限を持つ外部組織「Oversight Board(日本では「監督委員会」)」がユーザーからの申し立て受け付けを開始したと発表した。

 監督委員会は、2016年の米大統領選挙の結果にFacebook上の虚偽情報が影響したという批判を受け、マーク・ザッカーバーグCEOが2018年にその構想を発表したもの。今年5月にそのメンバーが発表された。

 FacebookとInstagramからコンテンツを削除されたり、逆にコンテンツの削除を求めても拒否された場合、監督委員会に異議を申し立てると、委員会がFacebookの判断の是非を検討し、その結論をFacebookに通告する。

 ユーザーあるいはFacebookからのすべての申し立てに対応するわけではなく、重要な問題を緩和することを目的として立ち上げられた組織だ。

 監督委員会は最終的かつ拘束力のある決定を行う権利を持つ。つまり、Facebookは監督委員会の決定に従う必要がある。

 監督委員会は、審査する最初の申し立てを向こう数週間中に選び、90日以内に決定を下す予定。

 timeline 申し立ての審査プロセス

 異議申し立ての手順については、専用ページにまとめられている(日本語版もある)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.