ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年10月27日 16時10分 公開

クックパッドの生鮮食品EC、ファミマで受け取り可能に 東京・神奈川の70店舗で

ファミリーマートが、生鮮食品EC「クックパッドマート」の宅配ボックスを東京と神奈川の70店舗に設置。29日から提供する。商品受け取りによる来店の促進や、それに伴う売上の増加を見込む。

[ITmedia]

 ファミリーマートは10月27日、生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品を受け取れる宅配ボックス「マートステーション」を、東京都と神奈川県の70店舗に設置すると発表した。29日から提供し、対象店舗を順次拡大する。商品の受け取りによる来店の促進や、それに伴う売上の増加を見込む。

photo 「マートステーション」の設置イメージ

 10月初旬に東京・神奈川の一部店舗でマートステーションを試験導入したところ、女性客に好評だったほか、利用者の半数以上が店内で買い物をしたという。こうした効果を踏まえて対象店舗を拡大するとしている。

 クックパッドマートは、精肉や鮮魚などをスマートフォンアプリで販売するECサービス。クックパッドが運営しており、東京・神奈川のドラッグストアやカラオケ店などに宅配ボックスを設置している。2019年11月には東京の保育園、20年2月には東京メトロの駅構内にもマートステーションを設置するなど、受け取り場所の拡大を進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.