ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年10月27日 16時48分 公開

トヨタ子会社がデジタル通貨の実験 社員2500人が日用品などオンライン購入

トヨタ自動車の子会社トヨタシステムズがデジタル通貨の実験を行う。社員約2500人の福利厚生の手続きにデジタル通貨を活用する。

[ITmedia]

 トヨタ自動車の子会社でITサービスを手掛けるトヨタシステムズ(名古屋市)は10月26日、仮想通貨交換業者のディーカレット(東京都千代田区)とデジタル通貨の実験を行うと発表した。実験では、トヨタシステムズ社内の福利厚生の手続きにデジタル通貨を使用。結果を踏まえ、企業間取引でのデジタル通貨の活用を検証する。

 実験では、ディーカレットが提供するデジタル通貨発行用のプラットフォームを活用。福利厚生の一環として、トヨタシステムズの全社員約2500人にデジタル通貨を与える。社員は専用のWebサイトから生鮮食品やワインなど日用品の購入や、旅行の予約などが可能。プラットフォーム上で、社員からの申請の集約や品物の仕入れなどを自動で行うという。社員1人当たりの付与金額などは非公表。期間は12月20日まで。

photo 実験のイメージ図

 実験の結果を基に、トヨタシステムズはサプライチェーンや企業間取引におけるデジタル通貨の活用を研究し、新たな決済の仕組みを検証するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.