ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月28日 19時32分 公開

「チェキ」に四角いエントリーモデルが登場 モノクロフィルムも

富士フイルムは「チェキ」の愛称で知られるインスタントカメラ「instax」(インスタックス)シリーズにスクエアフォーマットのフィルムに対応したエントリーモデル「SQ1」を追加する。実売1万2500円。

[ITmedia]

 富士フイルムは10月28日、「チェキ」の愛称で知られるインスタントカメラ「instax」(インスタックス)シリーズにスクエアフォーマットのフィルムに対応したエントリーモデル「SQ1」を追加すると発表した。実売1万2500円(税別、以下同)で11月6日に発売する。

「SQ1」は3色

 フィルム同様、スクエアなフォルムを持つインスタントカメラ。レンズ部を回すと電源が入り、シャッターボタンを押すと撮影というシンプル操作を実現した。シャッタースピードやフラッシュの光量はカメラが自動調節する。レンズ部を回して電源を入れた後、 同じ方向にさらに回すと自分撮りや接写に適した「セルフィーモード」になる。

 スクエアフォーマットは、 一般的なチェキフィルム(ミニフォーマット)より撮影できる範囲が広く、複数人のグループ撮影などに適しているという。

 SQ1発売に合わせ、富士フイルムはスクエアフォーマットのフィルム2種類を発売する。フレーム部が1枚1枚異なるグラデーションになっている「レインボー」は10枚入りで1100円前後、モノクロ写真が楽しめる「モノクローム」は1200円前後。

「モノクローム」フィルム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.