ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年10月30日 15時17分 公開

Docker Hub、6カ月使われていないコンテナイメージの削除計画を保留に 従量課金ベースの料金プランを検討へ

米Dockerが、Docker Hubの無料プランで6カ月以上使われていないコンテナイメージを削除する計画を保留に。計画では11月1日から、該当するコンテナイメージの削除を行う予定だった。ユーザーからの意見を踏まえた判断だという。

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「Docker Hub、6カ月使われていないコンテナイメージの削除計画を保留に。従量課金ベースの料金プランを検討へ」(2020年10月29日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 米Dockerはこのほど、8月に発表していた、Docker Hubの無料プランで6カ月以上使われていないコンテナイメージを削除する計画を保留すると発表しました。計画では11月1日から、該当するコンテナイメージの削除を行う予定でした。

photo

 Dockerコンテナのコンテナイメージを保存できるパブリックなレジストリ「Docker Hub」は、無料プランのユーザーであっても期限なくコンテナイメージの保存が可能でした。

 しかし今年8月、DockerはDocker Hubが保存しているコンテナイメージの容量が15ペタバイトに達していることを明らかにしたうえで、運用の最適化をはかるために、無料アカウントで保存されているコンテナイメージのうち、6カ月以上プッシュもプルも行われていないものは11月1日以降に削除の対象になると発表していました。

【関連記事】:Docker Hubに保存したコンテナイメージ、無料プランでは6カ月間使われないと削除へ

 しかしこの発表後、同社はコミュニティーやユーザーからのフィードバックを受けたとし、結果的にこの措置を保留に。利用者のニーズにあった新たな料金プランを検討するとしています。

 ただし無料プランのDocker Hubに対して、アノニマスユーザーからのプルは1時間に100回まで、認証済みユーザーからのプルは1時間に200回までという制限については、11月1日から施行する予定です。

従量課金の料金体系を検討へ

 新しい料金は、利用者が使った分に見合う料金を請求する従量課金制のサブスクリプションになるとのこと。

 Dockerは、今回の発表を行ったブログの記事「Docker Hub Image Retention Policy Delayed, Subscription Updates」で、次のように説明しています。

This change means that developers will get a base level of consumption to start, and can extend their subscriptions as their needs grow and evolve, only paying for what is actually needed.

この変更はつまり、デベロッパーは最低限のレベルの利用から始められ、ニーズの増加に従ってサブスクリプションを拡大可能で、実際に必要な分だけを払えばよくなる、ということを意味しています。

 新たな料金体系やそれに伴う制限については、2021年の初旬にあらためて発表予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.